北梅田地区まちづくり協議会

アクセス サイトマップ
北梅田地区のビル群

歴史

歴史

江戸時代には茶屋町は池田街道筋に面していた事もあり、往来の人々が菜の花の風情を楽しむためのお茶屋が三軒並び、その茶屋に因み茶屋町という名前が生まれました。

また、豪商の松並竹塘という人がお茶屋で鶴を二羽放し飼いにした事に由来し、鶴野町という名前が生まれ、これら茶屋を題材にした落語も生まれました。

今ではその菜の花の風情は遙か昔の物語となりましたが、菜の花で結ばれた、人の輪、縁は今もこの茶屋町・鶴野町で生きています。

スポット

  • 鶴乃茶屋跡の石碑
    鶴乃茶屋跡の石碑
  • 与謝蕪村の句碑
    与謝蕪村の句碑
  • 綱敷天神社 御旅社
    綱敷天神社 御旅社
  • 旧能勢街道(旧池田街道)
    旧能勢街道(旧池田街道)
  • 凌雲閣跡の石碑
    凌雲閣跡の石碑
  • 歯神社
    歯神社
  • 聞天楼記の石碑
    聞天楼記の石碑
  • 旧町名継承碑
    旧町名継承碑
  • 小路の石畳
    小路の石畳


1news link

umepachi

oosakacity

ss6